「優良中堅企業の見つけ方」のネタを提供してください

中小企業交流クラブの会員のみなさん

三浦紀夫

いま、大学生や既卒者向けの『優良中堅企業の見つけ方』という本を書いています。

企画書の一部を引用します。

「新卒者の就職内定率が低く、社会問題になっています。未内定のまま学校を卒業し、卒業後も就職活動を続ける既卒者もたくさんいます。

この問題の背景には、雇用のミスマッチがあると指摘されています。リクルートワークスの調査によると、2011年3月卒業予定の大卒求人倍率は1.28倍で、従業員5000人以上の大企業では0.47倍、300人未満企業では4.41倍となっています。学生や親たちが、安定性の高い大企業にばかり目を向けがちだからでしょう。

一方では、学生が中堅・中小企業に就職しようと考えても、求人情報や企業情報が少ないとも指摘されています。ミスマッチの原因は、学生や親と同時に中小企業の側にもあるようです。

では、学生が就職先として優良な中堅・中小企業を探すには、どうしたらよいのでしょうか。これには2つの段階があります。1つは、何万社もある中堅・中小企業の中から、どうやって候補企業を見つけ出すかというステップ。もう1つは、候補企業が優良かどうかをどう見定めるかというステップです。」

さて、どうやって候補企業を見つけ出すかというステップと、候補企業が優良かどうかをどう見定めるかというステップに関して、具体的な方法があったらぜひ教えてください。

思いつきでも、去年こんな学生がいたというのでもけっこうです。どうぞよろしくお願いいたします。