経営者占い2012年2月

最近の日本で、一年のうちで一番方位による開運法を行うのは節分かもしれない。いわずと知れた「恵方巻」だ。これは、その年の歳徳星と呼ばれる占い上の架空の星があるとされる方向(今年は北の方位の中の西側15度の範囲)に向かって行う祭事だが、元々初詣などは、自宅から見て歳徳星の方位の寺社に参る習慣があったので、そんなところから来ているのかもしれない。江戸時代の大阪の遊女が、旦那様の一物に見立てて上がりが沢山あるようにと始めたとの艶っぽい話も有るが、いずれにせよ、実は発祥については判っていないのだ。まあ、恵方巻に関しては終わってしまったが、恵方参りは今からでも間に合うので是非取り入れてみてはいかがかと思う。それ以外で方位を気にする事と言えば、引越しとか旅行とかであろう。一般的に引越しは一ヶ月単位で切り替わる方位で出し、日帰りや数日の旅行は2時間単位で切り替わる方位を、1週間以上の旅行は1日単位で切り替わる方位で出すのが一般的である。ちなみに今年大吉な引越しの方位は6月の北西、8月の南西、11月の東で、次に良いのは3月の北、6月の東北、10月の南西、今年引越ししたい方は心に留めておいて欲しい。

 

 

企画運 営業運 人事運
牡羊座
牡牛座
双子座 ×
蟹座 ×
獅子座
乙女座 ×
天秤座 ×
蠍座 ×
射手座 ×
山羊座
水瓶座 ×
魚座